根管治療は専門性の高い治療です。診断と治療技術に、高度の専門性が要求されます。いくらよいかぶせ物を作っても具合が悪くなることがあります。そのような歯の治療のやり直しは、「根管治療が原因」といっても過言ではないほどです。やり直しの治療は、時間や治療回数がかかり、患者さんに大きな負担となっています。
 当院では、東京医科歯科大学で培った知識と技術で正しい診断とやり直しのない治療を目指しています。
 正しい根管治療により、歯の周りの骨、歯根膜が治ります。歯をしっかりと骨が支えてくれるようになることで、違和感がなくなったり、よくかめるようになります。根管治療は、歯の周りの組織、に対する再生療法といえます。
 かぶせたものを外さないで治療できる場合があります。逆根管治療(歯根端切除術)を行うことができる場合には、かぶせたものをはずしません。